ページの先頭です

まさか…四十肩?

その痛み、四十肩ではありませんか?

四十肩に「四十」とは、人間の年齢で40歳という意味です。40歳になった頃から肩に痛みを感じるようになり、次第に肩を上げるのが難しくなってくる症状のことです。該当する年齢の方にとっては非常によくある症状なので、40代に差し掛かった時に肩を動かしにくくなったり痛くて上げられないという症状を感じると、多くの方が自分で四十肩だと判断するようです。

明確な原因はわからない

あずきのチカラ

不思議なことに、これだけ多くの方々が悩んでいる症状であるにもかかわらず、整形外科的な診断がつかず、明確な原因は分かっていません。年齢を重ねたことによって体が弱ってくることから起きるのか、また女性に多いことからホルモンバランスの変化が原因なのか、など色々な説がありますが、実際のところはこうした色々な理由が重なることで起きているのでしょう。

この四十肩、以前は五十肩と呼ばれていました。五十肩というように50歳頃から症状が始まるのが一般的だったのですが、近年では40代から五十肩とほとんど同じ症状を感じる人が多くなってきたため、四十肩という新しい言葉が生まれました。

症状は?

四十肩の主な症状は、横から腕を上に上げようとしても上がらないというのが大半です。途中で激しい痛みを感じるので、そこから上に上げられないのです。この症状を感じたら、間違いなく四十肩だと思っていただいて問題ありません。

もうひとつ、四十肩の典型的な症状として夜間痛があります。夜中になると肩の痛みがひどくなって、あまりの痛みに夜も眠れなくなるというものです。肩こりなら多くの方が経験されていると思いますが、肩こりのように重い感じではなく、激しい痛みを感じるのが四十肩の特徴です。

四十肩は不自由でストレスになる

ところで、腕を上げられないと生活にどんな不自由が生じるのでしょうか。髪をとかしたり、洗ったりという動作は腕を上に上げる動作を伴うので、これが激痛によってできなくなります。痛みを我慢すれば上に上げられるとは思いますが、そこまでして上げなくても良いと思うほどの痛みです。また、夜に痛むという特徴も悩ましいところで、横になると痛いので起きるということを繰り返しているうちに朝方になってしまい、睡眠不足を抱えてしまいます。夜眠れないと人間はストレスを溜め込むようになるので、そのストレスによって別の病気になってしまうリスクがあります。

どんな痛みか?

この痛みを文字で表現するのは難しいのですが、「じんじん」「ずんずん」という感覚が近いそうです。血管の中を血液がどくんどくんと流れているのに合わせて、痛みが同じリズムでやって来るという訴え方をする人が多いところを見ると、相当痛みに対して神経質になっていることが分かります。

医学的な原因がよく分かっていない以上、何が原因であると断定的なことは言えません。ただ、日常的に体を動かす習慣がある人はなりにくいと言われているので、その真逆になるような生活をしている人は40代になったら四十肩を意識しておく必要があります。男性より女性のほうが多いと言われているものの、最近では男性で発症する人も多くなってきているので、あまり性別には関係ないのではないかという説もあります。

病気なの?

ところで、四十肩は病気なのでしょうか。整形外科で具体的にここが悪くなっているという部分を特定できないので、痛みはあるものの病気ではありません。しかも、ある程度痛みが続く時期を過ぎると自然に痛みが収まって、いつしか全くそれを感じなくなる時が来ます。そのため、四十肩の治療法はその痛みが出ている期間をいかに乗り切るかということに重点が置かれており、症状を緩和するための療法がほとんどです。

五十肩と呼ばれていたものが四十肩という新しい言葉を生むほど、この症状に悩む人の年齢層が拡大しています。今後も四十肩で悩む人は増えると思われるので、できるだけ肩に負担がかからないような生活習慣などを早いうちから意識しておくのが良いのではないでしょうか。

四十肩の治し方とは?

四十肩は医学的には病気ではありません。なぜなら、レントゲンやMRIなどで精密検査をしても特に問題があるわけではなく、ただ本人が痛みを訴えるというだけの症状だからです。

しかも、この四十肩は時間が経つと何も無かったかのように痛みが収まり、「あれは何だったの?」ということになります。人間は痛みが無くなると四十肩のことも忘れてしまうので、結局原因は闇の中です。

収まるまで待つしかない?

そのため、四十肩の治し方として最も現実的なのは症状が収まるまで待つという消極的な方法しかありません。しかし、この痛みは数年続くこともあるので、その期間ずっとただ我慢しているというわけにはいきません。そこで痛みを感じている期間に少しでも痛みを和らげるための治療法をご紹介します。

冷やさないこと

まず、四十肩治療の基本となる考え方として知っておきたいことがあります。それは、冷やさないことです。四十肩の原因には冷えもあると言われていることから、患部をできるだけ温めておくというのが基本です。それほどひどくない痛みであれば、温めるだけで痛みが消えることもあります。

暖める

痛みがある部分だけをうまく温める方法ですが、これまでに色々な人が試してきた結果、いくつか良いものがありますのでご紹介します。入浴やサウナなどが良いのはもちろんとして、使い捨てカイロや保温サポーターなどは薬局で簡単に買えることもあってお手軽に患部を温めることができます。また、お灸も体を温める効果があるので、患部に施すと気持ち良くなるという声が聞かれます。

街の治療院

最近街に多くなっている整骨院(接骨院)も、四十肩や五十肩の治療を行っているところが多くあります。むしろ鍼灸やマッサージ、整体などの療法が最も効くという人も少なくなく、四十肩や五十肩を改善させるために整骨院に通っている人も多くいます。鍼灸は文字通り、鍼(はり)と灸を使ってツボに刺激を与え、体の中の気や血液の巡りを良くして四十肩の症状も改善するという考え方です。整形外科的な治療で効果がなかったという人は、こうした東洋医学に頼ってみるのも良いと思います。

適度な運動

あずきのチカラ

最後に、これも重要な運動療法もご紹介します。四十肩は肩を動かすと痛いため、どうしても痛みを恐れて肩を動かさなくなります。しかし、そうして動かさずにいるとますます肩周辺の筋肉が衰えてしまうので四十肩どころか色々な不具合が出てきます。痛みがあるのは仕方ないとして、適度な運動を行うようにしましょう。

ただ、四十肩はできるだけ動かさずにおくという運動制限が必要になることがあります。運動制限によって痛みを和らげるのですが、それだけだと痛みが再発したり他の症状を引き起こしたりするので、ここはバランスよく運動制限と適度な運動を組み合わせるようにしてください。その加減については整形外科や整体などに行ってプロに聞くのも良いですし、ご自身の痛みとやり取りをしながら我慢できる程度の痛みまでなら運動をする、などの取り決めをするのが良いでしょう。

四十肩、五十肩を改善するための体操は、「先人」たちが色々なものを考案しています。ほとんどの体操が身近にあるものだけでできるので、手軽なものから試してみて下さい。最も手軽な体操はタオル体操といって、タオルを鉄砲担ぎのポーズで両手に持ち、痛い方の肩を下に、痛くない方を上にしてタオルを引っ張り上げるという動作をします。最初のうちは後ろにタオルを持つだけでも痛いのですが、何度もやっているうちに徐々にタオルを持てるようになり、やがて動かしたり引っ張ったりしても我慢できる程度の痛みになってきます。

他にもバーベルやダンベルを使ったコドマン体操やコノリー体操、棒体操などさまざまな体操が考案されているので、それぞれの体操を試してみて自分に合いそうなものを探すと、体操だけでかなりの四十肩症状を軽減できるかも知れません。

ピックアップリンク

よこた整骨院

よこた整骨院@宇都宮

宇都宮の根本改善整骨院です。自宅で受けられる訪問介護マッサージもやってます!

グッド鍼灸整骨院

グッド鍼灸整骨院@春日市

春日市の整骨院です。ロンドンオリンピックで活躍したスポーツトレーナの先生!

かなえ整骨院

かなえ整骨院@板橋区

中板橋より徒歩3分の整骨院。疼痛除去に即効性の高い治療器も導入。

訪問マッサージの安悠治療院

安悠治療院@川崎市

神奈川県川崎市の訪問医療マッサージです。

しんそう宇治大久保

しんそう宇治大久保

身体の歪み・姿勢を治すことならしんそう宇治大久保にお任せください。

伊東整骨院

伊東整骨院@仙台市

当院は人生が変わる治療院、一番辛い時に寄り添える仙台の整体院です。

癒家

癒家@我孫子市

整体とカイロプラクティックを50×50の割合で施術しています。

こころの手@さいたま市

さいたま市エリアの訪問リハビリマッサージになります。

ウェルビースパイン練馬

ウェルビースパイン練馬

練馬駅徒歩30秒の整体です。練馬区豊玉北5-18-10-503
03-5948-7866

あさくら接骨院

あさくら接骨院@知多市

痛みや不調を根元から改善していきましょう。

表参道エル鍼灸治療院

表参道エル鍼灸治療院

コリ、痛み、疲労感を気持ち良い治療で解消。

たかや治療院

たかや治療院@上大岡

痛みとアレルギーの専門治療を行っています。

ファンクショナルマッサージ治療室

ファンクショナルマッサージ治療室@茅ヶ崎

当院独自のファンクショナルマッサージ

未病堂治療院

未病堂治療院@綱島

綱島の整体、鍼灸、マッサージは未病堂へご相談下さい。

ウェルビースパイン名古屋

ウェルビースパイン名古屋

名古屋市千種区、本山駅から徒歩0分のWHO基準カイロプラクティック院。

あおぞら治療室

あおぞら治療室@東村山

あおぞら治療室は国家試験免許を取得して15年の経験豊かな院長が施術をします。

トータルボディーケア

トータルボディーケア

当院の強みはアスレティック・リハビリテーションです。

当サイトの情報は、管理人および業務委託ライターが制作したものです。全てのコンテンツ、文章の無断複写、転載を禁じています。ただし、サイトリンクは大歓迎です。連絡等必要ございませんので、当サイトへリンクを張ってご使用下さい。